2018年のALPS6

 8月12日13日、Dさんと私はガイドのROMANさんと、モンテローザやマッターホルンなど

 イタリアとスイス、フランスなどの国境にある山以外のイタリア国内の最高峰である

 グラン パラディーゾ(Gran Paradiso)4061Mに登りました。

イメージ 1

 朝9時にシャレーにガイドさんが車で迎えにきてもらいます。シャモニーよりモンブラントンネルを

 くぐります。フランスとイタリアの国境のトンネルです。EUの人以外はパスポートが必要です。

イメージ 2

 モンブラントンネルです。全長16Kmほど。モンブランの真下を通ります。

イメージ 3

 トンネルを抜けると、そこはイタリア、クールマイユールです。久しぶりに来ました。

イメージ 4

 シャモニーから2時間ほどでポンの駐車場に着きます。

イメージ 5

 ガイドさんも運転大変だったからポンの駐車場のレストランで、一息入れてお茶をします。

イメージ 6

 エスプレッソ1杯1ユーロです。美味しかった。

イメージ 7

 今日はポンの駐車場よりヴィットリオ・エマヌエール2世小屋をめざします。

イメージ 8

 小屋へのトレッキングルートを登って行くと、眼下に駐車場とオートキャンプ場が見えます。

イメージ 9

 途中、昼食とします。ピクニック気分でおにぎりとペリエです。おにぎりはシャレーのオーナーに

 作ってもらいました。ガイドさんが「すしか?」と聞くので、ライスボール「お・に・ぎ・り」と、

 日本語で教えます。

イメージ 10

 山々が見えてきますが、私たちが登るグランパレディゾは氷河の上の、さらに上の山です。

イメージ 11

 ヴィトリオ・エマヌエールⅡ世小屋(Rif.V,EmanueleⅡ)へ到着、今日のお宿です。

イメージ 12

 小屋の売店。すごく充実しています。

イメージ 13

 山小屋の高度も2700Mぐらいで高さもなく高度障害のリスクも少ないので、とりあえずビール。

 大びんで5ユーロ。美味しかった。

イメージ 14

 部屋は個室です。1部屋で3人寝ます。快適です。ここの小屋の上水道は飲めます。トイレも水洗で

 した。

イメージ 15

 ディナー。前菜でパスタ。

 こちらで日本人の方2人とテーブルが一緒でした。IBS石井スポーツ神戸三宮店の国際山岳ガイドの

 角谷さんと東京のお客さんでした。やはりモンブランが登れないのでこちらの山にしたそうです。
 
 私達のガイドROMANさんとは旧知の仲でした。



 メインはチキンです。美味しかったです。

 
 続く。