ネームバリューでしょうか

 今日、時計屋さんが来てなにやらK君に時計を見せてまして、何だか欲しいような迷っている様子。

 時計屋さんが帰った後で置いていった時計を見せてもらいました。

イメージ 1
 無名の時計メーカーのクロノグラフですが、中身はロレックスのモデルと同じもので、時計自体は「バルジェ72」という機械。

 社外メーカーが作ったもので、ロレックスに供給したものはデイトナのニューマンモデルと呼ばれるものだそうです。写真は左の時計の中身。

イメージ 2
 こちらはK君が持っている資料でロレックスのデイトナ・ニューマンモデルの物だそうです。無名の時計メーカーと同一の機械ですが、こちらは機械メーカーから仕入れ後磨きをかけてロレックスの刻印を入れるそうです。

 見た目は違いますが中身は同一。ロレックスは相場で何百万円、無名メーカーの物は数万円。機械的には同一なようなのでK君欲しくて迷っているようです。偽者の逆パターンみたいです(笑)。。

 時計の事さっぱり解らない私が言うのもなんですが、ロレックスという名前がつくと見た目が違うし細かいところは違うのでしょうが同じメーカーが作った品番も同じ機械でも100倍近くなるので、色々理由はあるのでしょうが(この辺は旧いポルも同じか?)やはりメーカーのネームバリューというか人気は凄いです。

時計の世界も奥が深いですが下手に足を入れないほうが・・・知識と見切る目が大事なようです。
 

この記事へのコメント