インスボン2

イメージ 1

 クラックを登っている所ですが、腰にNP(ナチュラルプロテクション)を数多くぶら下げています。岩の隙間にこれをセットして支点を築き、ザイル(クライミングロープ)を通し自分自身が落ちていかないようにします。

イメージ 2

 岩の隙間にセットする道具です。カムデバイスと言いまして、色々あるのですが、写真の物は商品名「フレンズ」です。サイズが色々あって岩の隙間のサイズに合わせて使い分けます。

イメージ 3

 写真は便宜上、コンクリートブロックを使用していますが、こんな感じで使用します。レバーを引き隙間にセット、手を放すと利いて抜けなくなります。回収するときはまた、レバーを引けば抜けます。トップで登る人がセット、次に登る人が回収していきます。こんな物に頼るのは怖ろしい感じもしますが、”きちっと”セット出来ていれば抜ける事はありません。クライミング以外にも何かに使えそうです(笑)。。

イメージ 4

 2日間登るのですが初日は登った所を下降しました。帰りで下まで懸垂下降しています。今日は白雲台と仁寿峰の近くにある山小屋、白雲山荘に宿泊しました。

この記事へのコメント