くるくる回せる 続き

 356は骨格だけになってきました。  ボディを裏から見た様子。  表から。  今後もう少しパネルをはずしまして、リヤフェンダーやカウルも切り離します。  錆が酷いのと、過去の修復がよくないので徹底してボディの修復をします。  回転冶具は軽い力で回せて、作業性はいいそうです。

続きを読むread more